メニューを開く

峰屋×Kitchen labのパンにまつわる豆知識 7

新宿三丁目の創作料理とパンのお店「峰屋×Kitchen lab」。

アラカルトはもちろん、宴会(コース)料理や貸切もできます。

気の合う仲間とのお食事やサークルなどの集まりをちょっとおしゃれにしてみませんか?

そんな「峰屋×Kitchen lab」がパンにまつわる豆知識を。

ドーナツの穴にはいろんな説がある

もともとはオランダの菓子「オリボール」といわれており、球状のオリボールにクルミを乗せて食べていました。
オリボールのことをドゥと呼んでいたことから、ドゥの上にナッツを乗せるのでドーナツになったともいわれています。

ドーナツの穴は19世紀半ばアメリカのハンソン・グレゴリーが母親の作ったドーナツが生焼けだったため、火の通りを良くするために穴をあけることを考えたとされます。
このことは1941年にニューヨークでドーナツ大論争が起こり、その後、ダンキンドーナツが主宰するドーナツ審議委員会で承認されました。

他にも、船乗りがいつでも食べられるように、舵輪のスポークに掛けておくため説や、アメリカではクルミの入手が困難だったので、穴を開けた説などさまざまな説があります。

お問い合わせはこちら