メニューを開く

峰屋×Kitchen labのパンにまつわる豆知識 5

峰屋×Kitchen labは新宿三丁目で今日もひっそりと開店しています。

パンとパンに合う創作料理の研究所。

アラカルトはもちろん、宴会(コース)料理や貸切もできます。

そんな「峰屋×Kitchen lab」がパンにまつわる豆知識を披露します。

フランスもライ麦パンのライ麦比率が名前でわかる

前回、ドイツのライ麦パンはその名前でパンに含まれるライ麦の比率がわかると豆知識を披露しましたが、実は、フランスでも同様に名前でライ麦パンのライ麦比率がわかるそうです。

フランス語でセーグル(seigle)はライ麦。メティユ(méteil)とはライ麦と小麦の混合という意味です。

パン・ド・セーグル…ライ麦粉比率60%以上
パン・ド・メティユ…ライ麦粉50%:小麦粉50%
パン・オ・セーグル…ライ麦粉10%~40%

ドイツよりも区分はおおまかですが、パン文化の欧州においてパンが柔らかいか固いかは大きな問題なのでしょう。

ライ麦パンははちみつをたっぷり垂らして食べると美味しいですね。

お問い合わせはこちら