メニューを開く

幹事の方が宴会の挨拶で押さえるべきポイント

当店では、貸し切り宴会も承っております。前回は幹事の方が挨拶をするための段取りを中心にお話をさせて頂きました。今回もその少し延長線上として、押さえておくべきポイントについて解説をさせて頂きます。

幹事のご経験があまりない方にとって、乾杯の音頭をとることは非常に緊張する時間となってしまうでしょうが、実は幹事の挨拶というものは参加者の方にあまり真剣に聞かれていないことがほとんどです。皆さんはメインであるお食事・お酒のことで頭が一杯なのです。ですから、素晴らしいスピーチをしなくてはいけないと気張るのではなく、参加者の方がスムーズに宴会に入る前の一呼吸ということで捉えておきましょう。

スピーチの内容も長くなくて良いのです。乾杯のスピーチの内容で調べてみると、多くの使えるフレーズが見つかります。そのような一般的な内容を話すことを話すということを心がけて頂ければ問題ありません。

新宿三丁目の峰屋×Kitchen labでは、お客様にパンの創作料理でおもてなしさせて頂いております。ご要望に応じて、貸し切り宴会(コース)も承っておりますので、是非お気軽にお越しください。