メニューを開く

峰屋×Kitchen labのハンバーガー雑学

峰屋×Kitchen labの特徴はパンに合う創作料理。

自慢の創作料理にパンをあわせて宴会やコースを楽しんだり、大人数なら貸切もできます。

パンと料理を合体させた代表格といえば、アメリカのsoul food「ハンバーガー」ではないでしょうか?

当店でも大人気のこのハンバーガー、実はアメリカが発祥ではないってご存知ですか?

ハンバーガーの発祥は意外にも「ロシア」なのです。

13世紀にタタール人が中央アジアからロシアへと大移動をしていました。

移動中は料理の時間も少なかったので、羊の生肉を細かく刻み、山盛りにして食べていたそうです。

やがてタタール人がロシアで定住するとこの羊の料理法が、ロシアの貿易相手のドイツにも伝わります。

この料理が気に入ったドイツ人は羊肉を牛肉にし、スパイスや薬味でアレンジしてドイツ名物「タルタルステーキ」へと進化しました。

このタルタルはタタールという意味なのです。

そして、このタルタルステーキを焼いてみた人がいて、美味しさ大発見!

こうしてハンバーグが誕生した後に、ドイツのハンブルグからアメリカへ移住した人々がパンにハンバーグを挟んだ「ハンバーガー」を食べ始めて、アメリカのsoul foodとなった訳です。